平屋を建てるために必要な費用は?

平屋を建てるために必要な費用は?

平屋と2階建ての比較

注文住宅を建てるとき、平屋建てにするか2階建てにするか悩みます。建築的には両方に一長一短のメリットがありますが、平屋建ての方が、動線が明快で移動がしやすい等で近年、人気の住宅となっています。そこで、今回は平屋建てと2階建ての違いについて、平屋建てのメリットについて特集します。

 

戸建て住宅には、一般的に平屋建てと二階建てがあります。住宅を購入する際、同時に土地が必要となりますから、小さな土地を購入して二階建てにすることは、建築のスペースを確保するうえで効果的な方法です。

 

特に、土地が高くても狭い東京や大阪では平屋建ては、ほとんどありません。このように、二階建てのメリットは狭い土地でも空間を広くとることができる点です。また、二世帯で済む場合、1階と2階で世代を分けて利用できるなどプライバシーの確保がしやすいメリットがあります。間取りの設定も自由度が高く、1階に水回りを集中させ、2階は寝室や子供部屋にすることも可能です。

 

平屋のメリット

一方、平屋建てのメリットは1階建てのため、動線が明快なことです。階段を上ることなく、全ての部屋に行き来することができます。一方で、居室を全て1階に配置する必要があるので、プランニングの自由度はやや低下します。また、二階建てに比べて耐震性が高いことも重要なメリットです。特に大地震が来た際、高さがある建物ほど地震で被害が大きいですが、その点平屋建てなら、二階建ての半分しか地震の影響がありません。

 

平屋の費用

次に、平屋建ての費用ですが、居室を全て1階に配置する必要があるため、ある程度の建築面積が必要になります。つまり、その分土地の面積が大きくなり、これが平屋建ての費用が高くなる要因です。

 

しかし、その他の費用は二階建てよりも抑えることができます。例えば、地震に抵抗する柱や梁などの耐震部材は、平屋建ての方が部材の大きさを小さくすることができます。
特に、基礎と呼ばれる建物を支える構造部材は、建築工事の中でも費用が高くなる項目です。2階建てよりも平屋建ての方が、1階少ない分重量は軽いはずですから、基礎は小さくなるとといえます。

 

さらに、外装材と呼ばれる外壁等の費用は一般的に、1平米当たりの値段で売られています。2階建ての方が、建物として高くなる分、壁を貼る面積が2倍に大きくなりますから、外装材にかかる費用は倍近くになります。

 

以上の費用を平屋建てと2階建てで比較すると、やや平屋建てが大きくなる結果になると思います。しかし、建物と違って土地は、その後資産として利用価値がありますし、老朽化することがありません。

 

1世代だけでなく息子、孫世代まで考えれば圧倒的に費用のメリットが良いといえますね。また、購入した家に一生住むことを考えると、平屋建てにメリットがあります。なぜなら、老後は階段を上ることも一苦労のはずで、2階を使うことがほとんどなくなります。行動範囲も狭まるので、2階の意味がほとんどなくなってしまうのです。その点、平屋建ては歩いて部屋に行き来できますから、老後も安心して使い続けることができます。

 

平屋は2階建て住宅より高い

平屋を建てるためには、規模に因る部分はあるものの2DK〜2LDKの間取りで最低でも1,000万円〜1,500万円は見積もっておく必要があります。さらに平屋を建てるための土地の費用も含めるとさらに費用が必要になります。同じ坪数でも敷地面積が2階建ての住宅に比べ少なくなりますので、2階建ての住宅より高い印象を持たれる方もいるのではないでしょうか。

 

住宅メーカーによってはより良い条件で建てることも可能

平屋の住宅は見た目もスタイリッシュで憧れますよね。そんな住宅を理想的な形で建てたい方は、ぜひ住宅の専門家に相談しましょう。


また下記では理想の住宅条件を入力することにより、注文住宅会社から住宅作りの提案をもらうことが可能です。

 

▼タウンライフ家づくり

 

平屋の住宅で提案をもらうことで、一度に複数の住宅メーカーの提案内容を比較することができます。こちらで最も理想にあった条件で進められるメーカーを選ぶことができます。それぞれのサービスを利用することでより理想の家を建てやすくなります。 理想の家作りにおいて妥協は許されませんので、ぜひ一度相談をしてみましょう。

1000万円で平屋を建てることができるのか

平屋は意外と価格の高い物です。同じ部屋数、同じ広さであっても2階建て住宅よりも面積が必要になるために、基礎工事や屋根に掛かる費用が増えて、コストが高くなるのです。
ですが、平屋にはメリットもあります。階段が無く老後も安心して暮らせますし、土地も余らせないで有効活用できます。
そのような平屋を格安の1000万円台で建てたいと思っている方々へ、今回は1000万円台で平屋を建てる方法を紹介したいと思います。特にその値段で平屋を建てる際の様々な疑問点を明かしていきたいと思います。

 

●平屋を安く建てるには?
平屋は上述の通り、値段の高い物です。そのために、平屋は施工費用の安い地元の工務店に依頼をするのが安くなるのではないか、と思われるかもしれません。
ですが、その逆でハウスメーカーに依頼をする方が安くなる場合も十分になります。
ハウスメーカーは材料のクオリティを下げずに、資材を大量生産して材料費を押さえているために、十分な品質を持った資材で住宅を建てることができるのです。
また、ハウスメーカーではローコストセットプランも最近では増え始めましたので、そちらを利用することもでき、安くなる傾向にあります。
もちろん、工務店の方が安くなる場合もありますので、どちらか片方だけではなく両方をしっかりと比較をして検討する必要があると言えるでしょう。

 

●注文住宅と規格住宅どちらが安い?
次に考えることは注文住宅か規格住宅のどちらで住宅を建てるかです。
注文住宅には理想の家を建てられるというメリットがありますが、費用が高くなるのではないか、と思われているかもしれません。
実際はどうなのか、それぞれの特徴を上げながら検証してみましょう。

 

・規格住宅で建てる場合のメリットやデメリット
規格住宅のメリットは、価格の分かり易さです。価格を前面に出している商品なので、予算に合った商品を探しやすく、工期も短いものも多くなっています。
そのような価格面のメリットもあるのですが、実はその価格にデメリットもあるのです。それは、不要な部分があったとしても作らなければならないと言う点です。規格住宅は間取りや設備が規格化されているために、部屋、無駄に機能の多いトイレやお風呂、キッチンなどの設備、高級建材の使用、などがあり、それらのためのコストが余分にかかってしまうのです。
そのため、もう少し値段を抑えられる可能性が無いということが規格住宅のデメリットだと言えるでしょう。

 

・注文住宅で建てる場合はコストを抑えやすい
逆に注文住宅で建てる場合には、自分たちの希望通りの間取りや設備を取り付けることができます。当然付け過ぎたり、間取りを大きくしたりしてしまえば、費用はかさんでしまいますが、逆にコストを抑えるための希望も取り入れてもらえるのです。
なので、どちらかと言えば注文住宅の方が規格住宅よりもコストを抑えやすく、安く住宅を建てることができると言えるのです。

 

●拘りすぎないのが安さのポイント
続いてはコストを抑えるためのポイントを紹介したいと思います。
まずは何よりも拘りすぎないことです。もちろん、耐震性や材質などには拘るべきですが、不要な部分はある程度妥協することが、料金を安く抑えるためのポイントなのです。
例えば、家の形は、複雑な形にせずに正方形や長方形のような形にすることで、使う資材およびそれに掛かるコストを抑えることができます。
もちろん、外装だけではなく内装もシンプルにしましょう。機能が豊富であれば使いやすくなるかもしれませんが、付け過ぎれば当然値段が上がります。
また、セットプランを利用しているのであれば、オプションをあまり使わずに、そのままのデザインを生かせる間取りや内装にするのがおすすめです。
特定の企画で大量に作られた資材を使うことで材料費を抑えているメーカーも多く、特別な資材を使わせるような注文をすると、費用が高くなるので、シンプルがベストだと言えるのです。

 

●部屋数を少なくしよう
1000万円で住宅を建てる際に特に重要なのが、間取りです。間取りもシンプルなものにしてしまいましょう。特に減らすのは部屋数です。
部屋数が増えると壁の材料費が増えてしまいます。逆に減らせばその分の材料費や工費も節約することが可能なのです。
なので、部屋数は最低限の物にして、開放的なデザインにしてしまいましょう。
なお、開放的なデザインにすることは工費の節約だけのメリットがあると言う訳ではありません。
他にも窓からの明かりを取り入れやすくなったり、移動が楽になったり、コミュニケーションが取り易くなるというメリットもありますので、部屋数は最低限にしてしまいましょう。

 

●住宅会社探しもかなり重要
基本的には上記に挙げたようなことに気を付ければ、住宅に掛かる料金を抑えて、平屋を1000万円で建てることも可能です。
ですが、さらに重要なこととして住宅会社の比較をするということを忘れてはいけません。なぜならば、ハウスメーカーや工務店によって同じプラン内容であったとしても、金額にかなりの差が生まれてしまうことが良くあるからです。
そのために、住宅を建てる際には複数の住宅会社に見積もり依頼を出してもらうようにすることが必須であると言えるでしょう。

 

●効率的に住宅会社を見つけるためには?
ですが、複数の住宅会社に自ら出向いて見積もり依頼を出すのはかなり面倒ですし、それだけでも相当の時間を食ってしまいます。
住宅会社へ行けるのは休日だけに限られていると言う方も少なくはありませんし、行くたびにセールストークに付き合ったり、売り込みプレッシャーに耐えるのもかなり苦痛です。
そのため、営業に押し負けて一つの業者にさっさと決めてしまい、他の住宅会社と比較するのを忘れてしまった、という事態にも陥ってしまい易いです。
そこでオススメしたいのが「タウンライフ」というネットで利用できる無料一括見積サービスです。

 

▼タウンライフ家づくり

 

こちらでは、ハウスメーカーや工務店のプランの効率的な比較、同じかそれ以上のプランで安く建ててくれる業者を探し出せる、業者に直接会わないためにプレッシャーを受けない、自宅で簡単に時間も手間も掛けずに見積もり依頼を出せる、希望に合った間取りプランを無料で作成可能、と言ったような豊富なメリットがあります。
また、業者も厳正な基準をクリアした優良業者のみなので、非常に安心して利用することができます。

 

なので、1000万円で平屋を建てたい、それだけではなく、できるだけ安くしたい、各社の比較をしっかりと行いたい、信頼できる業者を見つけたい、そもそも何から手を付ければいいか分からない、と言ったような方にはかなりオススメなサービスだと言えますので、ぜひ利用してみましょう。